自社ラボでの検査 ~よりお客様のニーズに応えるために~

2018.09.12

海外でもアメリカとオーストラリアに1カ所ずつ信頼できる鑑定機関があり、99.9%の父権肯定確率が得られますが、最も早い妊娠7週目から鑑定ができて、99.99%以上の父権肯定確率を保証できるのは我々seeDNAのみです。
また世界的な視点でみても、擬父の検体として口腔上皮だけでなく、歯ブラシや髪の毛などの特殊検体を用いて父権肯定確率99.99%を出せる唯一の鑑定機関でもあります。

我々seeDNAでは設立当初から自社で鑑定を行うことができるようにすることにこだわりをもってきました。

それでは、自社で鑑定を行うことと、海外の鑑定機関へ鑑定を委託することは何が大きく異なるのでしょうか?
「海外へ鑑定を委託する」ということはお客様の検体を他社のラボに送り、その後現地から送られてきた結果をお客様にお伝えすればよいだけなので、会社としては複雑ではありません。

しかし、どのように鑑定が行われているのか不透明である点、海外への輸送による検体の経時劣化、過去のデータとの参照ができない等の欠点があります。
それに対して、「自社で鑑定を行う」ということは専門知識やスキルを有した鑑定員の確保・教育、鑑定機器の購入維持、データの解析システム構築等、様々なことが必要となります。

これらの項目をクリアすることで、国内の自社ラボで鑑定が可能となり、輸送による検体の劣化の防止や、万が一再鑑定などが必要になった場合の対応もスムーズに行うことできます。

つまり、自社で鑑定を行うことを可能にすることで、よりお客様のニーズに沿った鑑定が行えることとなります。

出生前親子鑑定の鑑定自体も多くの工程を経る上、ミスが許されない鑑定のため、非常に神経を使うなかなか大変な作業です。
しかし、実際に自分たちの手で鑑定を行うので、お客様との距離がとても近くなり「お客様からの声」というかたちでお返事・ご意見を頂けることが何よりの励みになります。

我々seeDNAは、今後もお客様に寄り添い、常に正確で信頼できる鑑定結果をご提供できるよう取り組んで参ります。

日本で唯一、出生前DNA鑑定が国内で完結する機関です。 父子鑑定も自社ラボで扱っております。 その他、複雑な鑑定に関しましてもご相談ください。